CUDをすすめる会

カラーユニバーサルデザイン

色覚シミュレーションツール紹介

ホーム / 色覚シミュレーションツール紹介

ツールを利用して理解を深めることが可能になりました

人は他人が見えている世界を感じることができませんが、コンピュータ技術を利用して特定の色を変換することで、複数の「色の見分けにくさ」を模擬的に再現することができるようになりました。決して他人が「見えている色」を再現するものではありませんが、色覚の問題を理解するためには大変役に立つ技術です。そんな技術を使ったシミュレーションツールをご紹介します。

 
「Iiiustrator」「Photoshop」CS4

アドビシステムズ

世界中でもっとも多用されるデザインツール。2008年12月に発売されたCS4よりCUD校正ツールが全世界標準として搭載されました。特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構が、その技術を提供し検証しています。

http://www.adobe.com/jp/

「色のシミュレータ2.0」

浅田一憲

「色のシミュレータ」は、様々な色覚特性を持つ人の色の見え方を体験するための色覚シミュレーションツールです。スマートデバイスの内蔵カメラから得た動画像をリアルタイムに変換し、それぞれの色覚タイプ(2色覚)ではどのように色が見えるのか、シミュレーションを行います。また、このプログラムは無料で提供されています。
対応端末iPhone,iPad,iPod Android

http://asada.tukusi.ne.jp/

「UDing CFUD」

東洋インキ

デザイン上、複数の色を使いたい場合になるべく混同しない色を選び出すソフトウエアです。実際に印刷時に使用されるインキ色をイメージして、或いは色見本帳でそれを確認しながら配色することができ、画面上での配色が印刷時にズレてしまうことを防げます。また、このプログラムは無料で提供されています。

http://www.toyoink1050plus.com/tools/uding/

「UDingシミュレーター」

東洋インキ

ファイル保存、デザインに使用したい画、または自分がデザインした画に使われている色がどのように見られている可能性があるか確認できます。混同するおそれの高い部分を探索し表示する機能で問題がないかチェックし、問題がある場合はその部分の色を修正します。修正した画は保存できます。画の色づかいをチェックし、修正し、再度チェックする、という作業をこのプログラムは1回画像を取込むだけでおこなえるので、色づかいを修正する度ごとにシミュレーションソフトに画像を取込む作業が省けます。色によって何か情報を伝えるような画、例えば図表やグラフなどをチェックすると良いでしょう。また、このプログラムは無料で提供されています。

http://www.toyoink1050plus.com/tools/uding/

 

※この他にもここで紹介していないソフトが特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構のホームページで紹介されていますのでご覧下さい。

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

社会の色彩環境を多様な色覚を持つさまざまな人々にとって使いやすいものに改善してゆくことで、「人にやさしい社会づくり」をめざすNPO法人

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

北海道でも、CUDOの趣旨・目的を迅速に遂行していくため、地域の事情に密着したCUDOの存在の必要性が生まれ、誕生したNPO法人

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

人に優しい社会づくりを目的とし、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の基本理念に基づき、カラーユニバーサルデザインの知識及び手法の共有に関わる活動を行う団体

NPO法人阿波グローカルネット

NPO法人阿波グローカルネット

高齢者あるいは難病、障害を持つ当事者やその家族に対して、自立や社会参加のための情報支援活動や生活環境の改善を支援する活動を行なうNPO法人

11月 2016年12月 1月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031