CUDをすすめる会

カラーユニバーサルデザイン

インフォメーション

ホーム / インフォメーション / お知らせ / 色覚チョークとは

色覚チョークとは

2018/12/13

お知らせ

学校などで使われるチョークには、黄、緑、赤、青などがありますが、黒板に書かれた色の違いが分かりづらい生徒にとっては、情報が正しく伝わらない場合があります。

「eyeチョーク」は多様な色覚の人にも色の違いが識別しやすく、カラーユニバーサルデザイン機構で認証されています。

徳島県では2018年12月現在、県下全ての中学・高校・支援学校にこの「eyeチョーク」のモデル導入がされており、今後本格的に導入するかどうかのアンケートを取ることになっています。

金額的にも今までのチョークと変わらず、粉も出にくいという特徴もあり、既に5校は本格的に導入済みとのことです。

先生方からは、「この機会でカラーユニバーサルデザインについて、再認識できた」「一般的な色覚の生徒からも、見やすくなったと好評」との声が聞かれました。

今後、県立高校への導入が進めば、市立学校にも広がりが期待できます。

徳島県全ての学校に導入ができれば、自治体では初めての事となるでしょう。

他にも最近ホワイトボード利用も増えてきているので、それにも対応した「キットパス」というマーカーもあるということも、今回知ることが出来ました。

学校だけでなく、塾や職場など多様な場面で利用が広がると思われます。

この記事へのコメント

コメントを送る

※ アドレスは公開されません

画像の文字を入力してください

Loading...

LINK

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

社会の色彩環境を多様な色覚を持つさまざまな人々にとって使いやすいものに改善してゆくことで、「人にやさしい社会づくり」をめざすNPO法人

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

北海道でも、CUDOの趣旨・目的を迅速に遂行していくため、地域の事情に密着したCUDOの存在の必要性が生まれ、誕生したNPO法人

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

人に優しい社会づくりを目的として、CUDOの理念に基づき活動する団体。

NPO法人阿波グローカルネット

NPO法人阿波グローカルネット

高齢者あるいは難病、障害を持つ当事者やその家族に対して、自立や社会参加のための情報支援活動や生活環境の改善を支援する活動を行なうNPO法人

携帯筆談機コミュニケーションボード

携帯筆談機コミュニケーションボード

AGNが開発・販売している聴覚障害者、ろう者の筆談用、家庭内での連絡用など幅広い用途で使用できる新しいコミュケーショングッズ

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

社会の色彩環境を多様な色覚を持つさまざまな人々にとって使いやすいものに改善してゆくことで、「人にやさしい社会づくり」をめざすNPO法人

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

北海道でも、CUDOの趣旨・目的を迅速に遂行していくため、地域の事情に密着したCUDOの存在の必要性が生まれ、誕生したNPO法人

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

人に優しい社会づくりを目的とし、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の基本理念に基づき、カラーユニバーサルデザインの知識及び手法の共有に関わる活動を行う団体

NPO法人阿波グローカルネット

NPO法人阿波グローカルネット

高齢者あるいは難病、障害を持つ当事者やその家族に対して、自立や社会参加のための情報支援活動や生活環境の改善を支援する活動を行なうNPO法人

8月 2021年9月 10月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930