CUDをすすめる会

カラーユニバーサルデザイン

CUD(カラーユニバーサルデザイン)とは?

ホーム / CUD(カラーユニバーサルデザイン)とは?

カラーユニバーサルデザイン(略称CUD)とは?

日本では男性の20人に1人、女性の500人に1人、日本全体では320万人以上いるとされ、世界では2億人を超える人数で、血液型がAB型の男性の比率に匹敵する色弱者・色盲と呼ばれた人や高齢者など、より多くの人に利用しやすい製品や施設・建築物、環境、サービス、情報を提供するという考え方を「カラーユニバーサルデザイン(略称CUD)」と言います。

カラーユニバーサルデザインの3つのポイント

a. 出来るだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ。
b.色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする。
c.色の名前を用いたコミュニケーションを可能にする。

上記は誰もがわかりやすくカラーユニバーサルデザインに配慮してデザインできるように「NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構」によって定められたポイントです。


※カラーユニバーサルデザインの詳細については、日本で唯一科学的で実用的な助言を行なう事ができる団体である「NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構」のホームページでご確認いただくことができます。是非ごらんください。

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

社会の色彩環境を多様な色覚を持つさまざまな人々にとって使いやすいものに改善してゆくことで、「人にやさしい社会づくり」をめざすNPO法人

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

北海道でも、CUDOの趣旨・目的を迅速に遂行していくため、地域の事情に密着したCUDOの存在の必要性が生まれ、誕生したNPO法人

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

人に優しい社会づくりを目的とし、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の基本理念に基づき、カラーユニバーサルデザインの知識及び手法の共有に関わる活動を行う団体

NPO法人阿波グローカルネット

NPO法人阿波グローカルネット

高齢者あるいは難病、障害を持つ当事者やその家族に対して、自立や社会参加のための情報支援活動や生活環境の改善を支援する活動を行なうNPO法人

9月 2017年10月 11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031