CUDをすすめる会

カラーユニバーサルデザイン

活動趣旨と概要

ホーム / 活動趣旨と概要

溢れる色の社会で不自由を強いられている人がいます

C U D とは、色弱者( 色の見え方が一般と異なる人) にも情報がきちんと伝わるように色使いを配慮したデザインのことです。
今、色弱者は、世界に2億人を超える人数と考えられており、その比率は血液型AB型の男性の数に匹敵します。日本では男性の約20人に1人、女性の約500人に1人、日本全体では約320万人以上とされています。また、白内障などの目の疾患により、色の見え方が変化した人も、たくさんいます。
90年代の後半からパソコンの普及によって印刷物・機器類・施設などのカラー化が低コストとなり多くの物に色が使用されるようになりました。「色」は情報伝達手段として、情報・イメージ・想いをのせて日々発信されています。しかし、色覚の多様性については、今もまだ多くの人には認知されておらず一般色覚者には「情報伝達」の役割を果たしているものの、色弱者にとっては「情報が伝わらない」「不便さがある」「安全の確保ができない」ことがある為、カラーユニバーサルデザインが重要となります。
私たちは、「カラーユニバーサルデザイン(CUD)」を、皆さんの生活やお仕事において使用する「色」による情報が、多くの人に正しく伝わる社会を実現するために、まず知ってもらう事が重要と考え勉強会を中心に啓蒙・普及活動を行っています。
皆さん、一度私たちの勉強会に、参加しませんか?また、何か質問があれば、いつでも私たちにお問い合わせくさい。

 

概要

名称 CUD(カラーユニバーサルデザイン)をすすめる会
設立 2012年4月
所在
〒772-0002鳴門市撫養町斎田字西発 6-3
友枝建築事務所内
tel:088-686-3614
fax:088-686-3788
内容 カラーユニバーサルデザインの普及を目的として勉強会をメインに活動

 

 

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

社会の色彩環境を多様な色覚を持つさまざまな人々にとって使いやすいものに改善してゆくことで、「人にやさしい社会づくり」をめざすNPO法人

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構

北海道でも、CUDOの趣旨・目的を迅速に遂行していくため、地域の事情に密着したCUDOの存在の必要性が生まれ、誕生したNPO法人

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

非営利団体人にやさしい色づかいをすすめる会

人に優しい社会づくりを目的とし、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の基本理念に基づき、カラーユニバーサルデザインの知識及び手法の共有に関わる活動を行う団体

NPO法人阿波グローカルネット

NPO法人阿波グローカルネット

高齢者あるいは難病、障害を持つ当事者やその家族に対して、自立や社会参加のための情報支援活動や生活環境の改善を支援する活動を行なうNPO法人

9月 2017年10月 11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031